NO IMAGE

長谷川電機工業 多セル構成蓄電池システム向けに不感帯レス直流地絡検出器を発売

長谷川電機工業(兵庫県尼崎市潮江5―6―20、TEL06―6429―6144、吉田修社長)は、大型デ-タセンタ-など多セル構成蓄電池システム向けに、不感帯を含む回路内すべての地絡を検出する、不感帯レス直流地絡検出器「型式RND―400/600」を発売した。

蓄電池は、2カ所目の地絡が発生すると短絡電流が流れ、地絡箇所から火災の発生、蓄電池の異常発熱など火災の原因となる。従来の中点接地方式の地絡検出器の場合、直列につながれた電池の中間地点を中心に検出不感帯が存在する。

RND―400/600は、従来、検出不能とされていた中性点近傍(不感帯)を含む回路内すべての地絡(漏電)を検出し、警報を発信する。検出不感帯がなく、すべてが保護範囲となる。

検出電圧範囲(線間電圧)は、RND―400がDC100~400V、同600がDC400~600V、接地抵抗値は400が40kΩ、600が60kΩ。

検出電流は、どちらも1/3/5mA、検出時限は1/5/10s。接点出力は無電圧a接点。接地容量は60V/0・4A。EMC仕様はVCCクラスA以上。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG