NO IMAGE

パトライト 台湾に販売子会社 年間売上げ10億円目指す

パトライト(大阪市中央区本町4―4―25、TEL06―7711―8950、山本節次郎社長)は、アジア地区での営業の強化・拡大の一環として、4月中旬に台湾・台北市に販売子会社「パトライト台湾」(山本節次郎董事長、山口宏昭総経理)を設立し、5年以内に台湾でのトップシェアを獲得するとともに、年間売上高10億円を目指す。

同社は昨年、台湾駐在員事務所を開設し、市場調査を中心に行っていた。主な販売製品は、積層表示灯や回転灯など光や音のシグナリング機器を中心に、自動車に搭載する回転灯以外の同社の製品すべてが対象。販売先は、現地に拠点を置く半導体・液晶関係のエンドユーザーや、工作機械関係などが中心となる。

これまでは、日本から代理店経由で台湾に販売を行っていた。販社の設立に伴い、現地の代理店の数も4社から12社に増やし、5年以内に10億円の売り上げを目指す。

現在、台湾でのトップの競合メーカーは、約30%のシェアを持っており、同社では30%のシェア獲得を最初の目標とし、将来的にトップシェア獲得を目指す。

台湾での販社設立により、同社の海外における販売拠点は米国、シンガポール、中国、ドイツ、韓国と合わせ6カ所となる。

現在、海外事業の売上高は20億円で、このうち台湾での売り上げは約5億円。同社では、17年度に海外事業の売り上げを30億円まで引き上げる計画で、台湾市場開拓に大きく期待している。

4月1日から営業と開発機能を一体化させた事業部制を発足させ、各事業部に権限の委譲と採算管理の徹底化を進めていることから、海外事業についてはローカルニーズに対応するよう、ローカライズ製品の開発・発売を加速させている。台湾では、ミドルエンド・クラスの製品を中心に、市場のニーズに合ったスペックの製品を投入する。

サービス、サポートでも、これまで受注を受けてから納品するまで10日前後かかっていたが、今後は1日から2日での納品が可能になる。

顧客からの問い合わせも、現地社員を採用し、中国語での対応が可能となっている。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG