汎用電気機器/制御機器生産 来年度も高水準で推移

汎用電気機器・制御機器生産は、2013年度下期からの好調を持続し14年度も高水準で推移する。日本電機工業会(JEMA)が14日発表した14年度の産業用汎用電気機器生産額は1兆3755億円、13年度比4・9%増となり、リーマンショック前の07年度を上回る。開閉制御装置も6815億円、同4・9%増加する。また、日本電気制御機器工業会(NECA)も14日、14年度の電気制御機器出荷額は6700億円、同3・7%増の見通しを発表した。両工業会とも14年度は、省エネ機運の継続、政府の設備投資減税など各種政策の後押しにより、引き続き前年度を上回るものと予想している。

JEMAがまとめた重電機器の13年度見込みと14年度見通しは、13年度が3兆6013億円で前年度比1・2%増と、4年連続で前年度を上回る。

機器別では、回転電気機械が同4・0%減となるが、静止電気機械器具は太陽光発電向けなどにパワーコンディショナーを主体とした電力変換装置が同6・7%増と好調を維持。開閉制御装置も1・0%増の堅調さを持続する。重電機器のうち産業用汎用電気機器は、堅調な輸出に加え、国内向けも更新需要を中心とした民間設備投資の増加に伴い、前年度に比べインバータが21・1%増、サーボモータ18・5%増、PLC14・1%増と大きく伸長。
14年度見通しは、重電機器の国内生産額が3兆6514億円、同1・4%増となり、5年連続で前年度を上回ると予想する。回転電気機器は同4・7%増、静止電気機械器具は同0・1%の微減、開閉制御装置は同4・9%増である。
産業用汎用電気機器については、省エネや民間設備投資の増加が見込め、同4・9%の増加。今年4月からのトップランナー変圧器、15年4月から導入のトップランナーモータの普及に対しては注視するという。
一方、NECAの電気制御機器出荷の13年度見込みと14年度見通しは、13年度が国内4019億円、同6・0%増、輸出2441億円、同15・3%増で総額6460億円、同9・3%増と好調である。国内出荷が4000億円を超えるのは07年度のリーマンショック以来で、総額でもリーマンショック後では最高の水準。
14年度見通しは、上期は国内が2030億円、同3・6%増、輸出が1290億円、同6・2%増で合計3320億円、同4・6%増加する。下期は、国内が2070億円、同0・5%増、輸出が1310億円、同6・8%増、合計3380億円、2・8%増を予想。通期で国内が4100億円、同2・0%増、輸出2600億円、同6・5%増で合計6700億円、3・7%増加と好調を持続する。
国内は、海外景気の復調の継続と経済政策効果により引き続き穏やかに増加する。輸出は、リスクを抱えるものの、米国が堅調さを持続、欧州は債務危機から回復、中国は依然高成長が予想され、アジアも先進国に比べ高い成長が見込まれることと円安傾向が進むことから高い伸びを予測している。ただ、為替相場が、電気制御機器の出荷見通しを左右する懸念もあるという。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る