シンデン ウエイティング・ハンガー LEDの点滅で品切れ報知

シンデンは、操作用スイッチの専業メーカーとして、あらゆるユーザーのスイッチニーズにきめ細かく対応した製品づくりをしている。

照光式スイッチも各種そろえているが、プッシュボタンスイッチ「OBSAシリーズ」は、操作部サイズがφ30、45、60ミリと大きく、薄型となっている。形状も丸、四角、三角、楕円などバリエーションも豊富に完備し、用途に応じて最適な選択が可能。

一方、好評を得ているのがウエイティング・ハンガー(LEDアラームフック)。ウエイティング・ハンガーは、店舗の陳列用フックに、スイッチ、LED、電池を一体化したもので、商品が売り切れるとフック部分が上に跳ね上がってスイッチがONになり、フック先端のLEDが点滅して品切れを知らせるもの。

LEDの点滅により遠くからでも視認でき、品切れに伴う売り上げロスの防止につながる。同時に在庫管理の手間も省ける。電源は電池を使用のため、配線作業などの手間もなく、誰でも簡単に扱える。

仕様も、売り切れ時に点滅、商品がある時に点滅、常時点滅発光タイプ、2色発光タイプ、価格表示機能付きなどが完備している。
(http://www.shinden.com)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG