24%消費電力を削減 ロームが直管形LEDランプ発売

ロームは、さらなる省エネ化ニーズに対応するため、オフィスや店舗向けに業界最高の発光効率190lm/Wを実現した、直管形LEDランプ「R―FAC40MN1」=写真=の販売を開始した。オープン価格。

R―FAC40MN1は、基板に高反射シートを採用し、カバーの透過率と光の拡散率を最適化する光学設計技術により、光の取り出し効率を従来品に比べ11%向上させた。これにより、従来の直管形LEDランプと比べ約24%、インバータ式蛍光灯に比べ約60%の消費電力削減を実現した。

LED光源効率も11%アップするとともに、独自の電源回路技術により電源効率を2%向上。全光束は2480lmを確保。

さらに、一般的な直管形LEDランプと比べ電源を薄型化し、チップ間の間隔を狭めることでムラのない均一な面発光を実現。光拡散技術で眩しさを抑制し、長時間の使用でも目に疲労を感じさせない。

演色性は独自の蛍光体技術によりRa80を実現し、自然光に近い上質な光を実現。

口金は、一般的な蛍光灯と同じG13を使用。簡単な工事のみで既存の照明器具が使用でき、簡単に置き換えできる。

同社では、3月から月産1万個体制で量産を開始するが、今後、明るさや色温度など順次ラインアップを拡充する予定である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG