CPU性能2倍 コンテックがパネルコンピュータを発売

コンテック(藤木勝敏社長)は、パネルコンピュータPT955シリーズの後継機種として、CPU性能を約2倍に向上、消費電力を約15%低減したPT955Sシリーズ=写真=を発売した。オープン価格。

PT955Sシリーズは、ファンレス・スピンドルレス・低消費電力のタッチパネルLCD一体型産業用組み込みパソコンで、製造ラインや搬送システムなどのオペレーション端末のコントローラとして最適である。

第3世代インテルAtomプロセッサの採用で、従来品PT―955HXと比べCPU処理能力が約2倍に向上するなど高い演算能力を実現するとともに、データの読み出し/書き出しが高速化したにも関わらず、消費電力が約15%低減している。

このほか主な特徴は(1)5線式抵抗膜タッチパネルの採用で耐久性向上(2)保守点検業務を軽減するファンレス設計(3)ツインCFastカードスロットなど豊富なインターフェイス(4)PT955シリーズの後継機として取り付け互換が可能である―など。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る