ウルグアイの発電所向け制御システム 横河、韓国社から受注

2014年2月19日

横河電機の子会社、韓国横河電機は、ウルグアイの国営電力公社(UTE)が建設するプンタ・デル・ティグレ複合火力発電所向け制御システムを、韓国の大手エンジニアリング会社の現代建設から受注した。この発電所は、ウルグアイで初めてのガスタービン発電と蒸気タービン発電を組み合わせた複合発電(コンバインドサイクル)方式。 発電容量は52万kWで、完全稼働は2015年6月の予定。 横河はこの発電所に、ガスタービン、排熱回収ボイラ、蒸気タービンを統括して発電所全体の監視・制御を行う統合生産制御システム「CENTUM VP」、プラント情報管理システム「Exaquantum(エグザカンタム)」、差圧・圧力伝送器「D…