六合エレメック 横江義也代表取締役社長 新ビジネスに挑戦の年

昨年はアベノミクス効果、北米の景気高揚もあり、当社業績も堅調に推移した。

今年は中期5カ年計画の4年目にあたり、より一層、新規商材の開拓、グローバル戦略などの推進に力を注ぐ。

春には消費税のアップがあり、少なからず影響はあると思うが、全般的には景気も昨年以上に上向くと期待している。

当社の取り扱い事業分野では、自動車・厨房民生機器・工作機械などがともに堅調と見ている。

今年の方針としては、(1)「足元」の総点検の実施(変化のスピードに対応する意味でも会社・部署・個人の足元の地固めをし、商社機能を明確化する)(2)「イノベーション」の創造(突き詰めれば「人」が生み出すものであり、当社が取り扱う商品にとどまらず幅広い分野での変化に対応し、継続的にイノベーションを生み出し、新ビジネスに挑戦する)(3)チャイナプラス1としてグローバル化に対応、海外比率を高める(4)スキルを磨くことによる人材育成の充実―を掲げている。

新規ビジネスの中には、充電器、燃料電池、スマートメーターなどが含まれるが、これらの部材関連を幅広く手掛けたい。また、車載関連・HEMS関連の商材にも力を入れる。

海外は中国・上海の子会社が設立4年目となり、堅調に推移しているが、チャイナプラス1として、親会社の岡谷鋼機の拠点があるタイ、インドネシアにも注目している。営業マンの日本からの出張と合わせて、営業拠点を効率よく活用していく。

また、中国からは輸入する製品の品種を増やしており、これらも含めて海外比率を売り上げの20%まで高めたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG