V-net 産業用PC、医療分野拡大 矢崎秀夫代表取締役社長

当社は2011年から「時代に合った産業用コンピュータと、カスタマイズ力で産業界の活性化に貢献する」を企業理念とし事業を本格化して以来、お陰様で多くのお客様からご支援をいただき、毎年業績を伸長させることができた。

2013年7月期売り上げも前期比で50%増加した。2014年7月期は37%増加が目標だが、受注は50%アップで推移しており、目標は達成できる見込み。利益面は対ドル平均レートが前年比20%円安で推移しているため減益見通しである。

現在、産業用コンピュータ事業モデルを構築、組み立て・OS・検査各工程のサプライチェーンを確立した。今年度は特に、FA、M2M、ビルオートメーション向けの産業用PCハードウェアプラットフォームのシステムインテグレーションに特化した事業展開に注力した。

今年は、FA分野継続と医療分野の拡大を図る。円安を受け、自動車産業を中心に、設備更新投資は堅調に推移するであろう。医療機器市場においては、13年に過去最大の約2・4兆円の市場規模となった。今後も医療費の安定伸長が見込まれることと、日本再興戦略の重点推進項目に含まれたことで、さらにイノベーションが進むと予測する。

今年は、FA分野の情報発信拠点として、愛知県豊田市の先端技術産業振興プラザ内に、近く展示スペースを兼ねた事務所を設置し、中部地区のサポート体制の強化を図る。

医療分野においては、国家、日本再興戦略の影響で各医療現場でPACS(医療用画像管理システム)や、医療情報システムの導入が加速することを見込み、いち早く台湾Asusグループの医用コンピュータ専業メーカー、Onyx
Healthcare社の総代理店権を獲得した。医療用画像システム専門システムインテグレータと共同で統合モニターシステムを開発し販売を開始、医療分野に本格参入する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG