アルゴシステム ヴァリューパフォーマンスをアップ 北浦敏雄代表取締役社長

当社は、FA分野において産業用PCによる制御のトータル・ソリューションを展開しており、トータルコストの削減や省配線による工数削減、メンテナンス向上などの付加価値を提供している。

最大の特徴は、産業用PCにオールインワンの「AI3ソリューション・パッケージ」をバンドルし、高速フィールドネットワークのEtherCAT、MECHATROLINKなどと組み合わせることで、1台のPCで操作から制御・画像処理までを可能にしている点である。これらを通じ顧客の課題解決に寄与している。

AI3発売から約2年が経過し、特に画像処理やモーションコントロール、ソフトPLCなどの分野を中心に、多数の企業に採用され実績を挙げている。PCには、高性能・高信頼性のインテルSandy
Bridgeや、Windows
Embedded、リアルタイムOSのINtimeを搭載し、完全スピンドルオフを実現している。

今年は、ソフトウェアのブラッシュアップを図るとともに、ハード面では組み込み最新機種であるインテルBay
Trailを搭載した製品を今春発売する予定である。Windows8にも対応でき、さらなるコストダウンが図れるとともに、処理性能は当社製インテルコアi7搭載製品の約1・5倍となり、ヴァリューパフォーマンスを大幅にアップすることができる。

一方、開発面では、ソフトウェア開発などのエンジニアリングメーカーとの協業や、ベンダーの協力を得ながら次の段階への準備を整える。さらに、顧客の要望に応じカスタマイズも積極的に行っていく。今後もAI3とともに新しいハードウェアを積極的に展開する方針で、特にPLCと表示器を使用しているユーザーにPRしていく。海外展開も視野に入れており、FA分野で競争力を高め、改革を行っていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG