富士ゼロックス オムロン倉吉事業所に手書き入力システム構築 棚卸業務の生産性向上

2014年1月8日

富士ゼロックスは、オムロンスイッチアンドデバイス(岡山市、谷口宜弘社長)倉吉事業所(鳥取県)に、多種多様な在庫部品の棚卸業務の生産性と質を向上させる手書き情報入力システム「Denshi―Pen」=別図=を構築した。 オムロンスイッチアンドデバイスは、オムロングループの中で制御機器の開発・生産を担い、産業機器用、業務民生用、車載用スイッチを中心に、小ロットのカスタマイズ品を含めて約3万種の製品を開発・生産している。 部品や材料の種類・点数が非常に多く、棚卸業務に時間がかかるうえ、製品の生産を継続しながらの棚卸業務では棚卸差異の件数が増加。結果として棚卸差異の調査に時間がかかっていた。 富士ゼロッ…