1級28名・2級40名が合格合格率は30%下回る 配電制御システム検査技能審査試験

2013年12月18日

日本配電制御システム工業会(丹羽一郎会長)は、配電制御システム検査技能審査試験1・2級の合格者を発表した。合格者は1級28名、2級40名で、合格率が各級とも30%を下回った。合格者には、検査技士の称号が与えられる。 今回の成績優秀者は1級が該当者なし、2級が早川一弘(マコト電気)、北村直樹(田中電機製作所)、佐々井良次(日工電子工業)、升井耕治(同)、佐久間崇(同)、木村真(同)、倉谷卓志(同)、古川貴(西機電装)の8名が選ばれた。日工電子工業からは5名の成績優秀者が輩出された。 配電制御システム検査技能審査試験は、今年10月19日に全国8会場で実施された。今回の受験者は1級が96名(昨年99…