三菱電機名古屋にFA機器生産棟 5月連休明け本稼働 制御機器とキーパーツ量産

2013年12月18日

【名古屋】三菱電機が名古屋製作所(名古屋市東区)で建設を進めていたFA機器新生産棟がこのほど完成した。従来から同製作所で生産しているFA制御機器と駆動制御機器用キーパーツの量産体制を整備するもので、2014年1月から順次稼働し、5月の連休明けから本格稼働する予定。 生産現場での自動化が進行する中国などアジア各国のFA機器の需要拡大に対応、同製作所内の開発・設計部門との連携による製造技術の高度化により、製品競争力も強化していく。 建屋は6階建て、延べ床面積は約2万5800平方メートル。3階から6階までが生産フロアで、3階で駆動用キーパーツ、4階でシーケンサ、5階でシーケンサ、表示器などを生産、6…