セミコン・ジャパン2013 世界各国・地域から700社・団体が参加 12月4日から3時間 幕張メッセで開催 1600小間規模で最新情報を発信

2013年12月4日

半導体製造装置・部品材料の世界最大級の国際展示会「セミコン・ジャパン2013」(主催=SEMI)が12月4日から3日間、千葉市の幕張メッセ(1~6ホール、国際会議場)で開催される。日本が世界に誇る半導体製造関連産業が集結する同展には、約20カ国・地域の約700社・団体が約1600小間の規模で最新情報を発信する。開場時間は午前10時~午後5時。入場は無料。 今年37回目の開催となる同展は、半導体製造の前工程ゾーン、後工程・総合・材料ゾーンを中心に、先端エレクトロニクスパビリオン、先端製造技術パビリオン、化学物質管理対策パビリオン、精密加工パビリオン、中古装置パビリオン、サプライチェーンパビリオン…