14年3月期第2四半期連絡結決算売上高6.8%増1兆8千億円超 純利益は過去最高の211億円達成 環境関連ビジネスが大幅伸長 売上高6.2%増の1114億円  配電盤売上げは36%増187億円  子会社が売上げ・利益増に寄与

2013年11月13日

三菱電機の2014年3月期第2四半期連結決算は、売上高が前年度比6・8%増の1兆8118億9900万円、営業利益は同11・0%減の797億3000万円、税引き前利益は14・6%増の834億2000万円、当期純利益は同10・8%増の483億4400万円となった。 部門別売上高は、重電システムが4772億円(同4%増)、産業メカトロニクスが5063億円(同11%増)、情報通信システムが2425億円(同0%増)、電子デバイスが905億円(同13%増)、家庭電器が4600億円(同9%増)、その他が3075億円(同8%増)。 産業メカトロニクスは、FAシステム事業がスマートフォン関連及び液晶関連の設備投…