米社製渦流量計「AXシリーズ」アズビルが販売開始 蒸気計測効率化、コスト低減

アズビルは、米国のアズビルボルテック社の渦流量計「AXシリーズ」の販売を開始した。販売価格は33万円からで、初年度350台、3年後1000台の販売を計画。
AXシリーズは、マルチバリアブル機能により1台で流量・温度・圧力を測定し、体積流量・質量流量・温度・圧力・密度の5つのうち3つを出力することが可能となっており、温度や圧力の補正が必要な蒸気計測の効率化とコスト低減に貢献する。

また、大口径配管用に挿入形を用意しており、配管に組み込むインライン形と比べ低コストでの導入が可能となり、しかもプロセスを止めずにメンテナンスが可能なため、メンテナンス効率が向上する。

機種は、設置形態でインライン形と挿入形から、測定流体は補正が不要な液体流量測定に適したモデル、温度による密度補正ができる飽和蒸気流量測定に適したモデル、温度・圧力による密度補正ができる気体、および過熱蒸気の流量測定に適したモデルなど、アプリケーションに最適な機種の選定が可能である。

アズビルボルテック社は、同社が今年1月に資本参加し、azbilグループの一員となった。

渦流量計は蒸気や気体の流量計測に適しており、食品の殺菌や紙・パルプの加熱処理、化学工場の窒素や空気測定など、様々なプロセスで利用されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG