立花エレテック グループ拡大策が奏功通期業績上方修正

2013年11月13日

立花エレテックは、グループ化の拡大策が奏功し、通期業績を上方修正した。売上高1340億円(前期比8・2%増)、営業利益35億円(同22・6%増)を目指す。 同社の2014年3月期第2四半期連結決算は、内需の緩やかな回復と円高是正を背景に、主要事業であるFAシステム事業が前年同期比9・2%増、半導体デバイス事業が14・5%増、施設事業も22・4%増と増加し、連結で売上げ、利益とも前年同期2桁アップとなったが、特に国内の連結子会社が好調で、売上面、利益面とも連結の大幅増収増益に寄与した。連結の売上高比率で見ると、単体は77・7%、子会社は22・3%まで成長している。 国内の子会社では、ルネサスエレ…