SCF計測展 ブース見どころ ニチフ 圧接形中継コネクタセミ・シェップ「NDC2824」 より線0.08平方㍉まで対応 日東工業 図面作成Webシステム「CABISTA」 CAD経験なくても作図可能 日本シュトイテ 堅牢型非常停止ロープスイッチ「ZS91S」 複雑で過酷な環境に最適 日本開閉器工業 液晶表示多機能押ボタンスイッチ「ISシリーズ」 表示面積を最大156%拡大

ニチフは、単一コネクタでオス・メス接続が可能な圧接形中継コネクタ「セミ・シェップ(SEMI
SHEP)」シリーズに、より線で0・08平方ミリメートルの細サイズまで対応する「NDC2824」を発売した。

同社のセミ・シェップは、単一コネクタを上下180度回転させるだけで、オスとメスの接続が可能。コネクタの抜け防止のための連結板(オプション)で固定することができる。コネクタのガイドに合わせてスライドさせ、コネクタ同士を連結することも可能で、多極として使用できる。

多極使用時のピッチは5・6ミリ。電線被覆むきが不要で、プライヤで簡単に接続できる。RoHS対応。

NDC2824は、適合電線サイズがより線で0・08平方ミリ~0・2平方ミリ/AWG28~24。単線は径0・4ミリ~0・5ミリ。電線被覆の外径は最大1・6ミリ。定格電流はAWG28~26使用時1A、同24が2A。定格電圧は100V。

既発売の「NDC2420」と接続部分は同じサイズ・形状で嵌合が可能である。
(http://www.nichifu.co.jp)
日東工業は、同社キャビネットにレーザー穴加工を行う図面作成Webシステム「CABISTA(キャビスタ)」を、SCFで紹介する。

登録制のWebサイトに登録することで、CAD経験がなくても、キャビネット本体の扉、左右側面、天面、底面、背面などへの穴加工図面の作成が可能となる。

穴加工図面の入力は24時間可能で、穴加工の図面データ(PDF・DXF)は入力後、約2~5分で完成、見積書も瞬時に完成する。

また、通常のレーザー穴加工では「基本価格+穴加工価格」が必要となるが、キャビスタの作成図面で注文する場合、穴加工は無料となる(基板穴加工、タップ穴加工を除く)。

穴加工は、短納期対応で最短の場合、2日目に発送できる。

丸穴・角穴・複合穴の基本パターンから回転パターンまで多種多様な加工穴を配置でき、鉄製基板への穴加工・タップ穴加工など、様々なニーズに対応する。

(https://ntec.nito.co.jp/JL/cabista/index.html)
日本シュトイテは、複雑で過酷な環境に最適な非常停止ロープスイッチ、ポジションスイッチなど安全開閉器・センサーを出展する。安全対策機器の本場であるドイツで、50年の歴史から培った高品質・高信頼性の製品を会場で披露する。

堅牢型非常停止ロープスイッチZS91Sは、保護構造IP66及びIP67に適合、そのうえマイナス40℃でも使用できる。このほか、繊維強化樹脂製ハウジング、6接点(4NC/2NOなど)可能、ISO13850適合などの特徴も持ち、ベルトコンベア用の蛇行検知スイッチ(予告機能付き)も用意。

非常停止ロープスイッチZS71KSTIP69Kは、防水性に優れる。ロープ切れ検知及びタッチ機能付き。

ポジションスイッチ関係では、マイナス35℃またはプラス180℃対応のES41、マイナス40℃またはプラス90℃対応のES/EM98など、悪環境下で性能を発揮する製品群を紹介する。

FA・PAのほか医療機器、ビルなどにも採用されている。

(http://www.steute.jp/)
日本開閉器工業は、今年創立60周年を迎えた操作用スイッチの総合メーカーとして、「タフな環境でもあなたの意志を機器に明確に伝える」をテーマに出展する。

豊富にそろった照光式スイッチの新製品として、液晶表示多機能押ボタンスイッチ「ISシリーズ」の表示エリアを拡大したワイドビュータイプを発売した。表示面積が129%から最大で156%拡大して大幅に見やすくしている。バックライトは36×24ドットで、今回新たにこれまでの2色タイプに加え、超高輝度RGBの64色LEDにも対応した。

また、ディスプレイ表示部も64×32ドットと36×24ドットの高解像度に加えて、広視野角・高コントラストのFSTN液晶(白黒モード)を採用してい

る。

一方、表面フィルム材料の工夫で、1つのスイッチで2つの発光色とメッセージが変換表示できる新2色変換表示押ボタンスイッチに、KP01、KP02、UBの3シリーズを追加し、既発売のUB2、NP01と合わせて5シリーズとなった。

(http://www.nikkai.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG