SCF計測展 ブース見どころ ジック レーザースキャナ「S300mini」 既存機種に比べ容積約半分 テクノ モーションコントローラ「PCベース型」など PC/リアルタイムOSで動作 東京電気技術工業 小型・イーサネット対応PLCボード「MT-30E」 小型ながらI/O各32点 東洋技研 フィンガープロテクション端子台「FPSシリーズ」 新開発ジョイント板も追加

ジックは、FA用センサとして、光電、距離、エリア、エンコーダなどの各種産業用センサ、安全用センサ、自動認識機器、レーザーセンサなど幅広くそろえ、浸透を図っている。

このうち安全用センサは、安全の先進国であるドイツの信頼性の高い製品で、国内外で着実に実績を挙げている。

豊富にそろったレーザースキャナのうち、「S300mini」は同社の既存機種に比べ容積比で約半分と世界最小(W102×H116×D104ミリ、底面積95平方センチメートル)のコンパクトサイズを実現している。

また、検出エリアに防護と警告の3段階のトリプル・フィールド機能を内蔵しており、例えばAGV(無人搬送車)での使用では、第1警告フィールドで減速、第2警告フィールドで一時停止、防護フィールド(最大半径3メートル)で非常停止といった段階的な運用が可能になり、これによりAGVの不必要な非常停止回数を低減でき、再スタートの時間短縮やブレーキの摩耗防止などにつながる。
(http://www.sick.jp)
ファインモーションのテクノは、モーションコントローラ「ワンボード型」「PLCモーション型」「サーボアンプやパルスモータドライバと一体になった組み込みモーション型」「PCベース型」などを展示。

ファインモーションは、G言語やテクノ(ロボット)言語で緻密な動作を記述し、簡単に運転できるモーションコントローラ。精密加工・ロボット・巻き線・成型などの多様な緻密マシンに応用でき、一般NC相当の基本性能を実現。さらにソフトインターフェースの公開でユーザーが独自機能を付加することも可能。

注目は、汎用PC/リアルタイムOSで動作する「PCベース型」で、MECHATROLINKやEtherCATで多軸・多系列制御が可能。

さらに業界初の特徴として、(1)8台のロボット/自動機を1台のPCで並列制御(1msecの制御周期)(2)お客様のロジックを組み込み、次世代マシンを追求できる。応用事例としてロボットや精密加工機の実運転、テクノ言語による効果的な自動機制御を紹介する。

(http://www.open-mc.com)
制御盤・PLCボード・コントローラ受託開発で成長する東京電気技術工業は、PLCボード・コントローラMTシリーズ、STシリーズ、カスタマイズ基板、ラダー変換ソフトLtCSoft、遠隔監視システム、ミニ制御盤などを出展する。

PLCボードMTシリーズのなかで、MT―30Eは、イーサネット対応の小型タイプ。イーサネット通信は、固定バッファ通信に対応、ラダープログラムで通信制御ができる。

また、イーサネットの設定は、独自開発のLtCSoftで簡単にでき、好評である。

このほか、(1)外形が145×90ミリと小型ながら、I/O点数32/32点を標準搭載。CPUにルネサス製を使用することで高速処理が可能(2)プログラムは、CPU内蔵のフラッシュROM512kバイトに保存するため、外部ROMが不要である―などの特徴を備えている。

LtCSoftは、各メーカーのラダープログラムをCプログラムにコンバートするアプリケーションプログラム。

(http://www.tdg‐net.co.jp)
産業用端子台大手の東洋技研は、各種端子台をはじめ、BOXターミナル、コネクタターミナル、トランスなどの新製品を中心に出展、”技術のTOGI”をアピールする。

端子台では、フィンガープロテクション端子台FPSシリーズにFPS―30(30A)、FPS―40(40A)を追加、11月に発売した新製品も公開。

FPSシリーズは、FPS―10からFPS40まで揃い、幅広い用途への対応が可能である。

同シリーズは、結線が一目で確認できる安全設計。(1)レール取付面から結線部までの高さが同じなので、配線高さが揃う(2)レールへの取り付けは上方面から押し込むだけで簡単にセットできる(3)保護等級IP2Xの安全構造でカバーが不要である―などの特徴がある。

同シリーズには、新開発のジョイント板が追加され、側板を使用するよりも横幅が短くなり、ますます配電盤、制御盤の小型化に貢献する。しかも、容量が違う端子台間や同じ容量端子台間に組み込むことで、結線作業が効率化する。

(http://www.togi.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG