Check !!

分岐点

昨年の今頃のFA制御業界は、厳しい経営環境が続き、先行きも楽観できない見方が強かった。それから半年で明るい兆しを感じ、そして今では景気回復が確信に変わった。過去20年は、山は小さく谷がより深かったが、今回は長期間上昇するとの声もある。

▼電機・電子業界は、今年度業績見通しを上方修正するところが出てきたが、過去最高を更新するまでには届かない。ピーク時の9割ラインが精一杯といえる。長引くデフレと国内市場縮小、海外メーカーとの競合で、売り上げ規模の追求を棚上げし「益」を確保する必要があった。事業の撤退や転換で出直しを図ってきたのだから、やむを得ない面がある。

▼景気と企業盛衰の関係は複雑である。過去の売り上げのピーク時を調べると、企業によってさまざまである。日立製作所、東芝はバブルの頂点、ソニーは携帯電話の拡張期、三菱電機、シャープはリーマンショック直前期、富士通はIT関連の設備投資活況期などである。

▼デフレ前までは、製造業は新製品の売り上げ比率が3割を超えて「並み」、5割を超えると「特上」といわれてきたが、その物差しが使われなくなった。が、インフレ期待論が高まって、再び新製品開発や設備投資が盛り返してくるのではなかろうか。一方で効率化の追求も同時並行で進む。息の抜けない時代が続く。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG