三菱が汎用インバーター「A800シリーズ」さらなる高速応答化実現搬送/工作機械幅広い産業用途に最適

三菱電機は、汎用インバーター「FREQROL―A800シリーズ」を12月9日(一部機種は来年1月)から販売開始する。機種と価格は、0・4K~90K(3相200V17機種)が10万2000~390万円、0・4K~280K(3相400V24機種)が14万~1026万円。2013年度1万5000台を販売予定。
新製品は、現在のA700シリーズの後継機として8年ぶりにモデルチェンジしたもので、駆動性能の向上、使いやすさの追求、安全規格にも適応した、搬送機械・工作機械などの幅広い産業用途向けに最適な機種である。

応答速度がリアルセンサレスベクトル制御時で50Hz(従来機種20Hz)、ベクトル制御時では130Hz(同50Hz)とさらなる高速応答化を実現し、紙、糸などの巻き取りライン制御の高精度化に対応するとともに、PMセンサレスベクトル制御により、PM(永久磁石)モーターをエンコーダーレスで高精度(速度変動率プラマイス ナス0・05%)に制御可能なため、同社のIPMモーターとの組み合わせ使用でも、位置決め、ゼロ速度トルクなどの高度な制御もエンコーダーレスで可能になる。

また、先進のオートチューニング機能により、様々な誘導モーター、センサレスでPM(IPM、SPM)モーターに対応できるため、予備品コストの削減にもつながる。

外部デバイスを接続できるUSBホストコネクタ(Aタイプ)を装備しており、市販のUSBメモリーを経由して、設定したパラメーターのパソコンによる管理や、従来のインバーターシリーズからのパラメーターの移行が容易にコピーできるほか、インバーターセットアップソフトウェア「FR

Configurator2」を使用することで、トレース機能による保護機能動作直前の運転状態を市販のUSBメモリー経由で取り込むことも可能になり、離れた場所でもトラブル解析が容易になる。

さらに、従来の制御電源別電源用端子(R1、S1)に加えて、DC24V外部電源を供給可能にしたことで、主電源OFF時でも通信の継続やパラメーター設定が可能になった。

そのほか、標準で欧州安全規格PLd、SIL2に対応しており、オプション(発売予定)では、さらに上位の安全規格や安全通信に対応、国内・海外同一型式・仕様のため、国内外で同一製品の購入が可能、IP55対応の製品もラインアップし、多湿・粉塵といった悪環境下でも対応できるため、設置可能な場所が拡大、内蔵オプションの装着で、CC―Link、SSCNET

Ⅲ/H、DeviceNet、PROFIBUS―DPV0にも対応、などの特徴を持つ。

同製品は11月6日から開催の「システムコントロールフェア2013」に展示する。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る