今さら聞けない

2013年10月23日

本来デジタルマニュファクチャリングとは、各種デジタルデータを統合・管理し、開発・解析・生産構築・製造・品質・物流などモノ作りにおけるあらゆるシーンで活用しプロセスの効率化・短縮を実現することと定義される。 第2回では、製品開発設計における3DCADデータの効率的流用・設計者におけるCAEの活用等をご紹介した。今回は、開発設計領域にて作成したその3Dデータを製造プロセス領域でどう活用されるのか、また製造プロセスにおける生産シミュレーションソフトウエア・3Dレーザースキャナの活用について紹介する。 製造プロセスにおいて、従来2D図面での作業手順書・工程フロー・製造準備のための資料作成・あるいは治具…