ケルが新山梨事業所多品種少量生産に対応フレキシブルライン構築

2013年10月23日

ケル(髙橋和良社長)は、10月10日から山梨県市川三郷町に新山梨事業所=写真=を建設し、現在の山梨事業所(南アルプス市)の生産機能を移転した。 今までの山梨事業所は建設後30年以上が経過し老朽化していることから、今後の新製品開発や増産計画推進のために新たに建設した。 新山梨事業所は、敷地面積約2万7700平方メートル、延べ床面積5360平方メートル。 多品種少量生産に対応したフレキシブルラインと汎用生産ライン(ロボット化)を構築しながら、生産ラインの一部ではクリーンルーム化を含めた空調環境を整備している。 主要製造品目は、フローティングコネクタ、極細同軸ケーブル用コネクタ、ソケット製品、スイッ…