継ぎ目ないシームレス構造 ピーアンドエフ

超音波センサでも豊富なラインアップを持つピーアンドエフは、超音波の発振部分がステンレスで完全に覆われたハウジングのセンサ「UMC3000シリーズ」をリリースした。ハウジングは継ぎ目のないシームレス一体構造で高湿度や汚れの付着に強く、使用条件の厳しい食品産業など向けに開発した。

ステンレス1・440(V4A/AISI316L/SUS316相当)を使用した継ぎ目のない構造により、噴射洗浄にも耐えられる保護等級IP68/69Kを実現している。

また、欧州発祥の衛生設計基準であるEHEDGガイドラインに沿って設計された滑らかなデザインは、表面粗さRa0・8を実現し、汚れの堆積など衛生面での懸念も払拭する。

検出距離は、200~3000ミリまで検出可能で、タンクなどのレベル検出に最適。任意の上限下限レベルだけでなく、変位を常時モニタできるアナログ検出タイプもラインナップ。アンプ内蔵、ケーブル引出し式で付属のブラケットと組み合わせれば簡単に設置可能。

プログラミングは、別売の専用アダプタ、UC―PROG1経由で同社のホームーページからもダウンロード可能なフリーソフトのPACTWAREを使用してパソコンから容易に設定できる。
(http://www.pepperl‐fuchs.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG