ボックス・ラック 各社の主力製品 データセンターラック「G-C-ass」「阪神・淡路」地震波の1.25倍に耐える河村電器産業

河村電器産業は、阪神・淡路大震災の地震波の1・25倍の揺れに耐える堅牢構造を採用した高耐震荷重データセンターラック「G―Class」を販売、好評を博している。

幅700ミリタイプの場合、地震波1000gal、耐震荷重840キロ、許容荷重1000キロを達成している。

コンセントバーを2本並列で設置できるスペースをラック背面に確保、サーバの出し入れや通路確保など、作業のしやすい270度開閉も実現している。

ラック内の冷却効率と配線作業を考慮し、底面開口を大きく開けている。既設ラック(NDタイプ)との連結もOKで、天井金具を使って新旧タイプを連結すれば、既設ラックの横にも増設できる。

ラックオプションとしてはスリット付き台板、L型レール、ケーブルホルダー、電源コンセントバー、架台、ヒートシャッター、天井ファン、ラック用大型換気扇など各種を用意している。
(http://www.kawamura.co.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG