CAN通信をネットワーク化村田機械がデバイスサーバ

村田機械(京都市伏見区竹田向代町136、GEL075―672―8111、村田大介社長)は、CAN通信をネットワーク化するCANデバイスサーバ「CDS―1150」を発売した。 CAN(Controller Area Network)は、耐ノイズ性が高く、確実な通信性能を備えたデータ転送用の規格。 自動車車載機器用通信プロトコルとして開発されたが、高い信頼性から現在では、FA機器の制御情報通信用として普及している。 自動車分野では、速度やエンジンの回転数、ブレーキの状態、故障診断情報などの転送に使用されているほか、輸送用機械、工場、工作機械などのロボット分野、医療機器、船舶など幅広い分野で利用されている。 最近では、CAN通信情報のコンピュータネットワークからのモニタリングや、CANプロトコルで通信している機器同士の無線接続などのニーズが高まっている。 CDS―1150は、CANの通信データをTCP/IPに変換、LANや無線通信経由で情報を取り出し活用することが可能で、有線・無線の両方をサポート。有線LANはGb Ethernetの高速通信をサポートする。 アクセスポイント機能とDHCPサーバ機能により、タブレットやスマートフォンから直接アクセスし、CANバス上のCANフレームデータをその場で入手することができる。 CDS―1150のCANコントローラは、CAN2・0Bアクティブ、ISO11898 high speed(最大1Mbit/s)に対応しており、CANプロトコルによる無線通信もでき、CAN通信を行う機器間のケーブルレス・無線化が可能になる。さらに、同社の産業機器用のリモートメンテナンスパッケージと組み合わせることで、対象機器のCANバス情報を取り出し、遠隔地から監視・診断を行うことも可能なほか、USBポートを介し、設定ファイルの書き込みやログの保存など、多様なニーズに対応する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG