分岐点

2013年8月21日

メンバー十数名が集まり、勝手に話題を投げあう。グループの一人が、別の会話に口をはさむことも度々である。飛び交う話題を聞き取り、関心のある話には指向性の高いアンテナがとっさに反応し、整理して参加する。よくも聞き分けられるものだと感心するが、本人は至極自然の様子である。 「雑音」を取捨選別する人間の能力に、工学が進歩してもまだ追い付かないようだ。気象庁の緊急地震速報の誤報は、海底地震計のノイズを地震の揺れとして取り込んで計算したことによる。実際は、マグニチュード2・3の無感地震であったが、ノイズにより震度6弱と予測した。そのとき、甲子園の高校野球大会はそのまま行われたというオチまでついた。 ノイズ…