Check !!

WashiON共立継器今9月期増収見通し電源切換開閉器データセンター向け好調

電気接触関連機器の大手メーカーであるWashiON共立継器(長野県下諏訪町4684―1、GEL0266―27―8910、宮川昭二社長)は、制御機器業界が厳しい状況にある中、今9月期業績がデータセンター向け電源切換開閉器などの好調により増収の見通しにある。来期も売上高33億円の増収益を計画している。

同社は電気接触関連機器の大手メーカーとして電源切換開閉器、高圧電磁接触器、直流電磁接触器、工業用端子台、電動車両関連機器を国土交通省、日本放送協会、JRグループ、NXECOグループ、水資源開発公社、電力会社、自治体、病院など公共施設、電気、機械、輸送機械など幅広い層に製造販売している。

昨年から今年にかけ設備投資の抑制で厳しい経営環境にあるが、新製品開発、新型移動展示車「WashiON号」による全国の取引先巡回などの積極策が奏功し、昨年9月期業績を数%上回る見込みである。

データセンターの電源設備やPDU盤向け高速電源切換装置などが好調であるほか、鉄道用リレー、DCコンタクタ、ビルや病院など向け常用/非常用電源切換器が堅調に推移している。

同社は、2014年9月期も増収増益を計画、データセンターのほか、鉄道、半導体製造設備、メガソーラー設備向け販売を伸ばす方針である。そのため、新製品開発に拍車をかける。

HKT形高耐圧端子台、CS1―10A形ソーラーリレー、定格絶縁電圧1000Vの遮断端子台、NN形パワーリレー、HVR形高速動作形三相電圧継電器、BMS2(X)―2形直流手動開閉器などの新製品を発売したほか、DC1000Vコンタクタを開発し、来期の業績向上につなげる。

また、移動展示車「WashiON号」による全国巡回も引き続き行う。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG