三菱グループの総合力を結集恒例の「メカトロフェア西日本」

2013年7月10日

三菱電機の産業メカトロニクス事業部(稲葉元和事業部長)は、6月28、29の両日、兵庫県尼崎市の西日本メカトロソリューションセンターで、恒例の「三菱電機メカトロニクスフェア2013 in 西日本」を開催、当初の目標を大きく上回る950人が来場した=写真。 同フェアは、同社の最新のレーザ加工・放電加工技術と製品を紹介する展示会。今回は、グローバル展開を行っているワイヤ放電加工機「MVシリーズ」や、今春発売した油加工液仕様ワイヤ放電加工機「MX600」、最新型レーザ加工機などの展示・実演加工が行われた。 さらに、数値制御装置(CNC)、CAD/CAMメカトロ製品周辺機器、サービス商品、リース商品など…