日本ものづくりワールド2013各社の主力製品 東洋技研省スペースと使い易さ両立

2013年6月19日

接続機器トップメーカーの東洋技研は、ヒット製品の3・5ミリピッチスプリング式コネクタ端子台「PCXシリーズ」のラインアップをさらに充実、制御盤の省スペース設計を可能にしたほか配線工数を削減できるため好評を博している。 PCXシリーズで新たに発売されたのは、3Mハーフピッチコネクタ(20極、26極、36極、40極、50極)搭載のPCX―10SシリーズとPCX―コモン端子台シリーズ(22極、36極。コモンタイプは下段マイナスCOMに上段プラスCOM、全極マイナスCOM、全極プラスCOM)。製品陣容が強化され、最適な機種選定が可能になっている。 PCXシリーズは、新開発のスプリングロック端子を採用し…