パワコン保守点検に最適太陽光発電システム壬生電機が断路端子台

2013年6月19日

壬生電機製作所(京都市南区吉祥院仁木ノ森町50、TEL075―681―8561、宮澤勇夫社長)は、屋外の厳しい設置環境にも対応し、太陽光発電システムのパワーコンディショナの保守点検に最適な熱硬化性樹脂を採用した断路端子台「DN―30」=写真=を発売している。 DN―30は、本体に耐燃性、耐熱性、耐トラッキング性、耐発火性に優れた熱硬化性樹脂を採用。高温・高湿下でも長期にわたり、寸法や物性が安定しており、安全性・信頼性に優れる。 屋外の厳しい設置環境にも対応し、特に、太陽光発電システムのパワーコンディショナの保守点検に最適である。 耐溶着性、耐アーク性、接触信頼性に優れた銀・ニッケル接点を使用。…