統合生産制御システム横河電気が機能強化

2013年6月19日

横河電機は12日、統合生産制御システムCENTUM VPの機能を強化した「CENTUM VPR5・03」を発売した。販売価格は最小システムの400万円から。プラントの運転監視と自動制御用に今年度1000システムの販売を計画している。 今回強化された機能は(1)ワイド・エリア・コネクション(WAC)ルータにより広域通信網経由で制御ネットワークの接続が可能(2)バッチプロセスにおける製造手順の柔軟な変更を実現(3)電気系統のネットワーク規格IEC61850対応(4)8ループオペレーションキーボードにより操作性が向上、などがポイントである。 とくに、WACルータにより、国内の各市町村に分散する上下水…