ヘビーデューティ角型コネクタポリアミド採用で堅牢フエニックス・コンタクト国内販売を開始

2013年6月12日

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区新横浜1―7―9、GEL045―471―0050、青木良行社長)は、ヘビーデューティ角型コネクタ「HEAVYCON
EVOLUTION」の国内販売を開始した。

新製品は、材質にポリアミドを採用して、金属製角型コネクタに引けを取らない機械的強度を確保しながら、軽量でより安価を実現している。

堅牢性では、DIN
EN
50102(IK08鉄球衝撃耐久性)、DIN
IEC
62196―1(高加重耐久性)などの各種機械試験をクリア。

また、配線引き出しを2方向(トップまたはサイド)に自由に切り替えできるため、使用場所、用途ごとにハウジングの型式選定が不要となり、使用するコネクタ部品の共通化で、非常に効率的な在庫管理が可能になる。

しかも、従来の金属角型コネクタと完全互換のため、手持ち部品在庫を有効活用できスムーズな導入が可能。

さらに固定式の接続インサートには、結線作業性の良いプッシュインタイプをラインアップに追加、作業効率がさらに向上する。

そのほか、マーキングプレート装着用の溝をハウジングに設置し、シンプルなマーキングプレートをコネクタハウジングへ直接貼付可能。

装置ユニット間や制御盤・ボックスの電源および複数の信号線を効率的に配線接続し、納入時の設置作業を迅速かつ確実に行うために角型ヘビーデューティコネクタが用いられているが、コスト面で難があり、海外案件などに限定して使用していることが多い。

同社は、堅牢性を確保しながらコスト競争力の高いポリアミド製でこうしたニーズに対応した。