東海ECが遠隔プラウジングユニット 太陽光発電の稼働監視

2013年6月12日

【名古屋】東海EC(名古屋市瑞穂区瑞穂通5―26、TEL052―841―8111、石井元博社長)は、携帯電話網の利用により、太陽光発電システムの稼働状況を常に監視できる遠隔ブラウジングユニット「Mill―Sill Monitor(ミルシル モニター)」の販売を開始した。 スマホやPCを使ってWEBサーバー上で、発電システムの稼働状態を確認できる専用ASPサービスも提供する。 「再生可能エネルギーの全量買い取り制度」の施行により、発電ビジネスの中でも50kW未満の小規模システム市場が、個人投資家の参入により急激に拡大している。 ただし、太陽光発電もメンテナンスが必要で、システムを100%安定して…