インドネシアにFAセンター三菱が業務を開始

2013年6月12日

三菱電機は、インドネシア・ジャカルタに「インドネシアFAセンター」を設置、6月3日から業務を開始した。同社のインドネシアでの総合販売会社、三菱電機インドネシア内に設けたもので、人員は7人。

日系企業向けのシーケンサ、インバータ、サーボモータ、プログラマブル表示器、NC装置などのFA製品の技術相談、システム提案、エンジニアのトレーニングなどを、日本語、インドネシア語、英語で行い、サービス体制の強化と事業の拡大を図る。

インドネシアは人口約2億4000万人とASEAN地域最大の経済大国として、今後も高い成長が期待されている。このため、日系大手自動車メーカーや関連部品メーカーが、今後の市場拡大に向けてインドネシアでの生産体制整備に継続的な投資を計画するなど、日系製造業の進出が著しい。FA機器についてもさらなる需要拡大と、それに伴う幅広いサービスニーズが見込まれている。

同社は、これまでインドネシアでのFA機器のサービスは、シンガポールの「アセアンFAセンター」とインドネシアの現地代理店で行ってきた。今回の開設で、FA機器でのより高度で迅速なサービスが、日本語でタイムリーに提供できるようになる。

同社では2015年度にFAシステム事業の海外比率を50%まで高める計画を進めており、こうした施策で達成を図る。