JECA FA-R2013主要各社の出展製品 配電盤など雨水侵入防ぐ

2013年5月22日

篠原電機は、受変電設備や配電・制御盤の各種機材メーカー。同社では雨風などにさらされる屋外設置用のキュービクルや配電盤向けに、通気を行うとともに雨など水の浸入を防ぐ通気ギャラリー(排気口)「薄型防噴流ギャラリー
GTS―45W」を発売しており、これらの製品を中心に出展する。

GTS―45Wは、空気は通すが水は中に入ってこない、独自の止水構造を持つ樹脂製の新開発インナーパーツを搭載。雨風など外側からの浸水は、インナーパーツによりほぼ完全に遮断する。これにより雨天時でもフィルタに水膜ができず、換気能力を落とすことがない。

表側の開口面積は広く換気性能が高い。さらに、保護等級IP45を確保しながら、奥行き寸法は同社従来品の80ミリから16ミリへと大幅なダウンサイジングを実現。盤内の省スペース化が図れる。

2連タイプは、作業性に優れ、取り付け工数が削減でき、在庫管理を低減する。同社では、IP55仕様の塩害対策タイプもラインアップしている。

(http://www.shinohara‐elec.co.jp)