三菱、米エシェロンと協業スマートメーター事業グローバル展開を強化

2013年5月22日

三菱電機は、米・エシェロン社と協業し、スマートメーター事業のグローバル展開を強化する。同社の電力メーターとエシェロンの通信ネットワークプロトコル「OSGP」(Open
Smart
Grid
Protocol:OSGP)を組み合わせてスマートメーターの海外販売に取り組む。

三菱は1946年から福山製作所(広島県福山市)で電力量計事業を開始し、現在タイ、インドネシアにも製造拠点を有している。

エシェロンは、電力用通信機器事業として、通信ネットワーク技術に強みがあり、オープンな標準通信ネットワーク技術を用いて省エネルギー化、電力網のスマート化に取り組んでいる。

最近スマートメーター(次世代通信機能付き電力量計)市場が広がっていることから、両社が協業して海外市場向けスマートメーターを開発、販売していくことにした。

エシェロンは、カリフォルニア州に拠点を持ち、従業員数は200人。