相原電機高周波リアクトル 小型で低損失・低騒音実現

相原電機は、巻線の技術を応用した各種のリアクトルを開発、高周波リアクトル/トランス、汎用インバータ用直流/交流リアクトルなどの販売を本格化させている。

同社の高周波リアクトルは、小型で省スペース、低損失、低騒音、低価格を実現し、電流特性に優れる。

鉄心素材には、ファインメット、フェライト、アモルファス、スーパーコア、ケイ素鋼板、空芯などを用意し、ユーザーの要望に沿ったカスタマイズが可能である。

コイルは、近接効果、表皮効果、温度特性に合わせ、リッツ線、丸線、平各線、銅条を用意している。

すでに、太陽光発電の変圧用途で採用が拡大しており、今後、UPS(無停電電源装置)や、バッテリーチャージャー、各種のコンバータ/インバータ、各種電源装置、さらに、パワー半導体分野などへ向け、販売を拡大する方針である。

一方、同社の汎用インバータ用直流リアクトルは、インバータの入力力率を改善し、高調波電流を阻止、コンデンサの焼損を防止する。同社は、汎用インバータ用交流リアクトルも販売しており、今後、ラインアップの拡充を図る。
(http://www.e‐aiharadenki.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG