竹中電子が2画面表示ファイバセンサを発売8台まで相互干渉防止

2013年5月1日

竹中電子工業(京都市山科区四ノ宮奈良野町20―1、TEL075―581―7111、海住隆祥社長)は、応答時間を変えることなく、最大8台まで相互干渉を防止することができる、デジタル2画面表示ファイバセンサ「形式F90シリーズ」=写真=を発売した。オープン価格。年間販売目標は2万台。 F90シリーズは、独自の回路技術により、バラツキのない最適な設計が簡単にできる。デジタル2画面により、受光量と設定値を標準表示する。 パーセント表示やピーク/ボトム値表示、表示方向を反転させる機能など、便利な機能を搭載しており、表示を2段階に節電するECOモードも可能。 超高速モード使用時は、応答時間50μsの高速応…