各社のFA関連製品 河村電器産業I/Oターミナル 収納性とメンテに優れる

河村電器産業は、収納性とメンテナンス性に優れた大型検視窓付きの「I/Oターミナルキャビネット」を発売、好評を博している。I/Oターミナル、リレー(シーケンサ)、信号変換機、電源装置、伝送装置、端子台などが収納できる。

監視窓サイズを大型化することで、I/Oターミナルの表示が確認できるようになった。全品種ともDINレールが装着済みで、DINレールの加工、取り付けの手間を省いている。隣の扉(前面カバー)との干渉がないため、キャビネットを並べて設置可能。

屋内用露出型、保護構造IP44の「IOB」シリーズは、着脱が簡単に行える上下開閉式扉により、メンテナンス性に優れる。ステンレスタイプも用意。

鉄板製、屋内用露出型、保護構造IP2Xの「TBA」シリーズは、前面カバーが内部機器の監視がしやすい透明タイプ。ガタースペースが広く、キャビネット内での配線作業が容易。

製造ラインの分離、増設、メンテナンスに対応する電源ターミナルや通信ターミナルに適する。
(http://www.kawamura.co.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG