東京と愛知県で無料セミナー三笠製作所

2013年4月17日

【名古屋】三笠製作所(愛知県丹羽郡扶桑町大字斎藤字宮添166、tel0587―91―3661、石田繁樹社長)は、海外規格の制御設計・制御盤製作などに関するセミナーを4月23、24日、東京駅八重洲北口ルノワールで、制御盤製作のコストダウン技法などに関するセミナーを4月26日、愛知県扶桑町の同社セミナールームで開催する。

同社は7年前から愛知県でセミナーを開いているが、関東地区でも要望が多いため、東京で初めて開催することにしたもの。

日本国内市場での機械装置の販売台数が縮小していく中、海外に拡販する場合に、各国の制御規格にどのように適合させるか学ぶことができる。

東京での23日のセミナーでは、「海外規格制御盤設計のツボ」「海外向けの制御盤製作のコツ」が、24日のセミナーでは、「制御盤製作のコストダウン技法
基礎編」「制御盤製作のコストダウン技法
小型化編」が解説され、技術相談・商談会も開かれる。

愛知での26日のセミナーは、「制御盤製作のコストダウン技法
実践編~中国・台湾からの部分調達でコストダウン~」「ABBが教える海外制御について」をテーマに開かれる。

いずれも先着20人限定で、参加費は無料。申し込みは同社まで。