V-net産業用タブレットコンピュータ「MD-100pro」 萩原電気産業用マザーボード「HPU9000シリーズ」柔軟性と拡張性を備える

2013年3月27日

萩原電気は、ハイパフォーマンスで高信頼性の産業用マザーボード「HPU9000シリーズ」の販売を開始する。

長年受け継がれてきたFA環境に耐えうる高い信頼性と技術を踏襲しており、幅広い市場で様々な要求に応えることで培われた柔軟性と拡張性をも備えたシリーズ。

第3世代「Intel
Core―iシリーズ」搭載の純国産Mini―ITXマザーボードで、RASマイコン搭載により、メインCPUでは捉えられなかった異常の監視と記録が可能。またケミコンレスなど寿命部品の撤廃で長期の動作安定性を実現している。

システムの高性能化、小型化、メンテナンスの向上などを目的とした柔軟なカスタマイズが可能。工作機械、半導体製造装置、射出成形機、部品実装機、産業用ロボット、医療用機器、物流・各種検査・計測・プラント監視システムなど多岐にわたる製品の最適化を支援。

自社開発したPLMシステムにより徹底した部品の管理を行い「リリース後7年間の供給保証」を実現している。
(http://www.hagiwara.co.jp/)