インダクションモーターオリエンタルモーター端子箱付き追加

2013年3月27日

オリエンタルモーター(東京都台東区東上野4―8―1、tel0120―925―410、倉石芳雄社長)はこのほど、AC小型標準モーターKIIシリーズに三相インダクションモーター端子箱付きタイプ=写真=を追加発売した。

計量装置、搬送機器、食品機械など産業向けに営業展開する。

新製品の三相インダクションモーター端子箱付きタイプ(200/220/230V)は、より使い易い構造の端子箱を採用し、ケーブルの引き出し方向が3方向に変更可能など設置スペースに合わせて変更できる。また、ケーブルとの接続方法には丸形端子を採用しており配線がし易い。

そのほか、主な特徴は(1)ボス部、取り付け面の切削加工によって機器との取り付け精度が向上(2)フランジ面にOリングを装着することによりグリス漏れの危険性を低減―などがある。

販売価格は、取り付け角寸法80ミリ25Wが1万4800円~、同90ミリ40W・60W・90Wが1万7250円~。