小型化と変換効率向上太陽光発電システム向け三菱がパワコン

2013年3月6日

三菱電機は、小型化と業界トップクラスの電力変換効率94・5%を実現した国内公共・産業用太陽光発電システム向け三相10kWパワーコンディショナ「PV―PT」=写真=2機種を5月10日から発売する。価格はオープンで、初年度3000台の販売を計画。 新製品は、外形サイズを幅700×奥行き280×高さ500ミリ、質量55キログラムと従来品の約3分の1に小型・軽量化したことで、運搬や設置工事の負荷を軽減でき、しかも本体高さを従来品より315ミリ低い500ミリに抑えたことで、太陽電池モジュールの架台の下にパワーコンディショナを設置できる。 また、高効率昇圧回路と3レベルインバータの採用により、電力変換効率…