トップランナー規制に対応日立産機が高効率モーター

日立産機システムは、三相モータのトップランナー規制に対応した高効率モーター「ザ・モートルNeo100Premiumシリーズ」=写真=を発売した。

日本でも2015年度から、三相誘導電動機のトップランナー基準の規制が開始されることになっており、エネルギー消費効率の目標基準値(JIS
C4034―30に示す効率レベル
IE3に相当)を満足する製品であることが求められる。

同社では従来から日本工業規格(JIS

4212)に対応した高効率モーター「SuperPowerシリーズ」を発売しているが、今回トップランナー規制に対応した高効率モーターを投入した。

出力と極数は2極(0・75~55kW)、4極(同)、6極(0・75~45kW)で受注生産対応となる。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る