鉄道車両への採用進む 表示灯

2013年1月30日

表示灯もFA、非FAの分野で採用が進んでいるが、最近では鉄道車両への採用が拡大している。特にLEDを採用した表示灯は、視認性が高く、省エネ、長寿命という各種の優れた特徴があることから、新幹線を筆頭に新型車両の運転台周りや車側灯、尾灯、標識灯などあらゆる箇所に採用されている。また、海外でも信頼性が高い日本製品を採用する動きが出ており、今後、輸出も含め大きな市場に成長するだろう。 積層表示灯の分野では、無線LAN機能を搭載することで、パソコンから各表示灯を点灯・点滅させたり、各装置の運転状況をパソコンで取得・集計できるほか、アナログデータや接点データの双方向通信が可能である。最近では、PDとUSB…