各社の省エネ・自動化製品 品川商工 ネットプロテクターSS 独自插入口がほつれ防ぐ

2013年1月16日

品川商工は、ワイヤリングアクセサリーの専門メーカーとして、成長著しい分野向けの新製品開発に積極的に取り組んでいる。

ネットプロテクターSSは、自動車向けに開発された配線保護スリーブの新製品。耐摩耗性が高く、各種パイプやホースなどを摩擦よる摩耗から保護する。

最大の特徴は独自製法による画期的な挿入部分(主要各国で知財権取得済み)である。装着時のほつれを防ぎスピーディな装着を可能としたことで好評を得ている。

FW―250Uは、ワンタッチスリーブの新製品。太線用旗型250端子(ポジティブロックEXおよびPSコネクター・コンタクト)に対応。UL224規格、CSA規格を認定取得。

ミニロッキングサドルMLSシリーズは、コンパクトな形状とロック、解除が簡単にできるロック機構を備えた配線固定具の新製品。製品としてUL1565規格を認定取得。また、同社の製品はすべてRoHS指令に対応している。
(http://www.shinagawashoko.co.jp)