各社の省エネ・自動化製品 スワロー電機 非常用電源装置 「POWER BOX Zシリーズ」 正弦波インバータ式採用

2013年1月16日

スワロー電機は、正弦波出力を採用した正弦波インバータ形式の非常用電源装置「POWER BOX Zシリーズ」、DC―ACインバータ「SWシリーズ」を好評発売中である。

正弦波は、負荷に影響されず各種の機器に使用できる特徴がある。POWER BOX Zシリーズは、正弦波インバータ形式を採用した、バッテリー内蔵の据え置き型非常用電源装置。

電源のない場所や、非常時に交流100Vの電気を供給することができる。

正弦波出力なので、パソコンや家電など交流100V仕様のほとんどの電気製品が使用できる。電気の使用時間は約1時間。AC100V最大出力容量は600VA/1200VA、AC100V連続容量は500VA/1000VA。

SWシリーズは、スッチング方式のDC―ACインバータ。高性能、小型軽量で、自動車のバッテリーや通常のバッテリーから受電でき、交流100V仕様のほとんどの電気製品が使用できる。入力電圧DC12V、出力電圧AC100V、容量は最大600VA/1200VA。
(http://www.swallow.co.jp/)