変化先取りする製品開発

2013年1月16日

昨年は、少しずつながら、東北地方の復興も進み、企業の設備投資の緩やかな増加から、景気回復に対する期待感もあった。 しかしながら、政権の再編による経済への影響や、欧州金融危機、円高によるきびしい経済状況などさまざまな不安要素が存在しているのも事実である。 このようなきびしい環境を生き抜くため、電気機器市場の各社は、グローバル戦略を急速に進めてきているが、当社においても、特にアジア地域において生産拠点、販売拠点の構築を積極的に実施し、生産性の向上や販路の拡大などの実現を目指している。 そして、これらグローバル展開を続けるとともに、国内需要にも新たな産業分野として、「創エネルギーシステムとして太陽光…