国際化と標準化を訴求

2013年1月16日

2012年12月期の売り上げは前年度比横ばいで終わった。昨年夏頃までは好調であったが、8月以降はずるずると減速してしまった。そうした中でFA関連向けは、自動車、工作機械メーカーの2つをターゲットにした販売戦略が成果となって、コンスタントに良い数字が出てきている。一方、IT関連向けは、一昨年あったデータセンターの大きな案件が、昨年なかったこともあり、苦戦をした。それでもオールインワンラックの「スマートパッケージ」や、サーバ用とネットワーク用が兼用できる「TS ITラック」への関心が高く、特にTS ITラックは製品発表後、すぐに注文が入るなど好感触である。 昨年は販売店とのパートナー制度をスタート…